60代の平均貯金額はいくら?貯金2000万円に足りない60代はどうする?貯金を増やす2つの方法を解説

3 min 5 views

老後の2000万円問題が非常に話題になりましたが、実際に60代の人たちはどれくらい貯金をしているのでしょうか。

本当に他の家庭は2000万円も貯めているのか、自分たちの貯金は多いのか少ないのかは気になりますよね。

ここでは実際に行われた調査結果をお伝えするとともに、60代からでも貯金を増やせる方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

60代の平均貯金額はいくら?

金融中央広報委員会が2人以上世帯を対象に「家計の金融行動に関する世論調査」を実施しました。

令和元年の2人以上の世帯における平均貯金額をお伝えします。

60代の世帯貯金平均値は1,635万円

60代の世帯貯金平均値は2000万円には足りないものの、1600万円以上と想像よりも高かったのではないでしょうか。

ただし注意点としてこれは平均値であり、何億円やそれ以上持っている富裕層が一気に押し上げている可能性があります。

平均的な世帯が1635万円というわけではありません。

60代の世帯貯金中央値650万円

同じ調査での60代の世帯貯金中央値は650万円となっています。

中央値の方が実態の平均には近いと言われるため、650万円は一つの目安になると言えます。

60代の大半が貯金2000万円に足りない

60代の世帯貯金平均が650万円ほどと考えると、これだけでは老後2000万円には全然足りないですよね。

調査は60代となっているため、退職金をまだ受け取っていない世帯ならば退職金を加えて2000万円に到達するかもしれません。

一方で退職金をすでに受け取っている方や、約20%の企業では退職金は出ないという調査もあるため、これだけではお金が足りないことになってしまいます。

60代は貯金と年金だけでは生活できない可能性

もちろん老後は貯金に加えて公的年金が支給されます。

しかし年金受給額はどんどん減額されていますし、今後も法律が変わり60代では公的年金は支給されない可能性もありますよね。

すでに現時点でも、国民年金は40年間全額収めたとしても月65000円ほどしかもらえませんし、きちんと定年まで働き続けた平均的なサラリーマン男性の厚生年金ですら月145000円ほどです。

多くの60代が貯金と年金だけでは生活が苦しくなると言わざるを得ませんよね。

60代からできる貯金を増やす方法2選

60代以降も働き続ける選択肢もあるかもしれませんが、再就職は大変ですし、老後くらいはのんびり豊かに暮らしたいですよね。

そのためここでは60代からでもできる貯金を増やす方法を2つお伝えします。

60代からできる貯金を増やす方法①低リスクの資産運用

年金に加えて老後も収入を増やす方法に資産運用があります。

年金と貯金の足しになればいいわけですからそこまでハイリスクハイリターン型を選ぶ必要はないと思います。

お金を増やそうとして退職金が全て消えてしまったなどという話もありますよね。

あくまで低リスクならば資産運用はよいかもしれません。

60代からできる貯金を増やす方法②不動産(持ち家)を現金化

資産運用よりも確実にまとまった資金を手に入れる方法として、すでに持っている不動産を売ることもできます。

子供が自立した後や親が老人ホームに行くなどした場合、空き部屋がいくつもできてしまいますよね。

掃除も大変ですし、夫婦二人暮らしならば家賃も安くてコンパクトな生活にシフトすればお金にも余裕が生まれます。

またまとまったお金は欲しいけれど生活は変えたくないという方にも、持ち家を売却した後にそのまま同じ家に住み続ける金融サービスもあります。

リースバックという大手を含めて10社以上のサービス会社がある人気の金融サービスでは、家を売却して数週間で大きな金額を手にした後も、賃貸として引っ越しも必要なく同じ家に住み続けることができます。

不動産(持ち家)の現金化で失敗しないコツ

不動産を売って現金化したい場合、失敗しないコツとして一括査定サービスの活用をおすすめします。

何千万円という契約になりますので、買い取り業者によって数百万円の違いが出てしまいますし、最初の1社が最高金額であることはまずありませんよね。

もしリースバックの一括査定サービスを使いたい場合は、同時に10社の見積もりを取ってもらえる「家まもルーノ」はおすすめできます。

売主は担当者1人だけに情報を伝えればよく、手間も時間もかからずに最高金額を提示してくれます。

運営会社の株式会社応援宣言はリースバック以外の不動産事業も手掛けており実績のある企業です。

株式会社応援宣言の会社概要

会社名 株式会社応援宣言
電話番号 03-6427-7640
加盟団体 公益社団法人全日本不動産協会
免許番号 東京都知事(1)第98319号
本社住所 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-14-13岡崎ビル8F

>>家まもルーノで一括査定をしてみる(無料&1分診断)

まとめ

60代世帯の平均貯金額は、富裕層が押し上げている平均値ならば1,635万円ですが、より平均に近い中央値では650万円となっています。

公的年金も定年まで働き続けた男性サラリーマンですら平均月20万円ほどしかもらえませんし、今後も減額かつ後ろ倒しの可能性もありますよね。

もし貯金と年金を足しても生活が苦しくなりそうであれば、低リスクの資産運用や、所有権のある不動産を売ってまとまった資金を手に入れることも有効でしょう。

持ち家を売ったとしても同じ生活を続けられる金融サービスもありますし、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 利用者は平均120%売却価格アップ! /
リースバック一括査定をしてみる