大成有楽不動産販売のリースバックの評判・口コミは悪い?良い?仕組みやメリット・デメリットを解説

6 min 10 views

後期高齢化が進み、今や日本は「人生100年時代」に突入したと言われています。

人生が長くなればなるほど、ライフプランにおいては考えておく必要があり、「お金」の心配は尽きません。

長い人生を生きる上で、自分や家族に何か起こった場合に所持している不動産があれば、リースバックという形で住みながらお金を捻出することができます。

この記事では、そんなリースバックを検討する上で知っておきたい大成有楽不動産販売の評判や、仕組みやデメリットについて解説していきます。

関連記事⇨大手おすすめリースバック業者ランキング5選

知らないだけで300万円以上損します!リースバックの際は必ず相見積もりを

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

引用:家まもルーノ – リースバック専門コンシェルジュ

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

大成有楽不動産販売のリースバックの仕組みは?わかりやすく解説

人生を生きる上で、家族が病気になったり、急にまとまったお金が必要になることもあります。

あるいは、ローンを組んでマイハウスを購入したものの、ローンを支払うことが難しくなることもあるかもしれません。

そういった不測の事態が起こった場合にお金を捻出する方法が、リースバックです。

では、リースバックについて詳しくみていきましょう。

大成有楽不動産販売のリースバックの仕組みって?

リースバックとは、賃貸借契約付き売却のことを指します。

自宅などの保有不動産を、大成有楽不動産販売に売却して、なおかつ元の所有者がそのまま住み続けるという形です。

つまり、大成有楽不動産販売が不動産を購入してオーナーとなり、元の所有者に賃貸するという仕組みです。

ちなみに、大成有楽不動産販売のリースバック対象となるのはマンションなので、自宅マンションの売却を検討されている方におすすめです。

リースバックすることによって、「不動産を売却したため、住む場所がない」という事態を防ぎながら、「お金が必要だから不動産を売却したい」ということを実現することができます。

「リバースモーゲージ」との違い

住宅を売却してお金を得る方法の一つにリバースモーゲージがあります。

一見似通った面があるように感じますが、内容は全くの別物です。

リバースモーゲージは、所有する自宅を担保として融資を受ける方法です。

あくまで借りるという形になり、その使い道に関しては銀行が認めるものという制限があります。

リバースモーゲージは条件が厳しく、活用しにくいという声もあります。

その一方でリースバックは適用条件に幅があることから、活用しやすい点が特徴としてあります。

大成有楽不動産販売のリースバックを利用した人の評判・口コミ

リースバックを検討する際に、気になるのは、各業者の評判でしょう。

大成有楽不動産販売は、リースバックを行う業者の中でも、マンションのリースバックに関して高い評価を誇っています。

実際に大成有楽不動産販売のリースバックを利用した人の評判・口コミがこちらです。

  • 急にまとまった資金が必要となり、所有していたマンションを売却することに
    売却後の生活に関しても親身になって考えてくださり、リースバックという方法を知りました。
    要望や質問にも親身になっていただけたので、不安に感じることもありませんでした。(
    50代)
  • 大成有楽不動産販売が買主なので、安心して取引できました。
    相談してから実際に契約するまで迅速で、当方の要望通りにしてもらうことができ、妻も安心しています。(
    60代)
  • リタイア後、自分たちに合った生活をしていきたいと思い、所持していたマンションの売却を検討しはじめました。
    当初売却してから他の物件を賃貸するということも考えましたが、住み慣れた家に住みながらゆっくり考えたいという思いもありリースバックを選びました。
    仕組みやメリット等を詳しく教えていただき、不安に感じることなく決断することができました。(
    60代)

いかがでしょうか。実際に利用した方から高い評価を得ていることがお分かりいただけるかと思います。

一方で、悪い(良くない)口コミがこちらです。

  • 普通に売却することも考えていることもあり、比較するとリースバックの方が、売却額が低かった。(40代)
  • 検討したものの、資金繰りが安定してから買い戻す金額の方が売却額より高いのが気になってやめました。(50代)

このように、中には大成有楽不動産販売のリースバックを検討したものの契約には至らなかったケースもあります。

リースバックは、自身の住宅に対する考え方や経済状況に合っていることが重要となります。

大成有楽不動産販売のリースバックの3つの特徴・メリット

定評がある大成有楽不動産販売のリースバックですが、検討するにあたり、特徴やメリットを知りたいと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、大成有楽不動産販売のリースバックの3つの特徴とメリットについてみてみましょう。

特徴その1:短期間で現金を得ることができる

リースバックの最大の特徴が、短期間で現金を得ることができる点です。

通常の売却の場合、買い手が見つかるまでに時間がかかるケースが大半です。

すぐにでもお金が必要なのに、買い手が見つからないままではどうすることもできずお悩みの方も多いでしょう。

その点、リースバックの場合、売却時に一括で得ることができます。

特徴その2:売却後も住み続けることができる

一般的には、住宅売却後に住み続けることはできません。

でも、「住みたい家が見つかるまで」、「子どもが学校を卒業するまで」など、今まで住み続けてきた家に住みたいと考える人もいるでしょう。

リースバックであれば、売却後も賃貸という形で住み続けることができます。

そのため、無理な生活スタイルの変化を抑えることができます。

特徴その3:ランニングコストの軽減が可能

住宅を所持していると、住宅ローンや固定資産税、修繕費、管理費などのランニングコストが発生します。

その点大成有楽不動産販売では、固定資産税や火災保険・維持管理費・修繕費等を負担するため売り主の負担が軽減されます。

通常、住宅の売却にかかる仲介手数料も不要なのが嬉しいポイントです。

賃料はかかりますが、そういったランニングコストの軽減が可能です。

大成有楽不動産販売のリースバックを利用する際の3つのデメリット

メリットが多い大成有楽不動産販売のリースバックですが、メリットばかりではなくデメリットも存在します。

では、大成有楽不動産販売のリースバックを利用する際の3つのデメリットについてご紹介します。

デメリット1:売却金額が相場よりも低くなる傾向にある

口コミにもあったように、リースバックを利用した場合、通常のマンション売却よりも売却金額が低くなる傾向にあります。

上に挙げたように通常の売却では得られないメリットがある分、売却後手元に入るお金は本来の価値よりも少なくなる可能性が高いです。

ローンを組んでいて残債がある場合には、リースバックの売却金額と残債と比較をした上で決断する必要がありあます。

デメリット2:賃貸することができる期間が限られている

契約後も住み続けることができる点がメリットである一方で、いつまでも住み続けられるわけではありません。

契約後、賃貸借契約は2年程度が一般的です。

家族の都合やその先のライフプランを踏まえて検討する必要があります。

デメリット3:家賃が相場よりも高くなる

リースバック後の家賃は、売却価格の713%程度で設定されます。

そのため、家賃が周辺地域の相場よりも高くなる可能性があることは知っておかなければいけません。

その上、家賃を滞納すると立ち退きを要求されることもあることから、売却金額と賃料を比較する必要があります。

大成有楽不動産販売のリースバックが向いている人の特徴は?

大成有楽不動産販売のリースバックは、メリット・デメリットを踏まえた上で、自身や家族のライフプランに応じた選択をする必要があります。

リースバックが向いている人の特徴を以下に挙げてみましょう。

  • 子どもがいて学区の関係上一定期間住み続ける必要はあるものの、早急に現金が必要な方
  • ライフプランの変化に合わせて家に対する価値観が変化した方
  • 老後資産の確保に備え、一度ローンを清算したい方
  • 住み替えに備え、早めに自宅マンションを売却したい

などです。

いずれにしても、経済状況はもちろん、ライフプランや固定資産に対する考え方は人それぞれです。

リースバックが自身そして家族にとって最善の策であるかどうか冷静に判断するようにしましょう。

【番外編】リースバック一括査定サービス「家まもルーノ」ってどんなサービス?

リースバック後満足のいく結果を得るためには、まずは現在所持している自宅マンションの査定額について知る必要があります。

そこでお試しいただきたいのが、「家まもルーノ」です。

上場企業・個人投資家をはじめとする100以上もの業者と提携し、不動産の価値を一括で査定してくれます。

各業者によって査定額も異なり、査定額を比較することができるのも良いですね。

一括査定は無料なので、リースバックを検討されている方は是非お試しください。

まとめ

大成有楽不動産販売のリースバックについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

時代のうつりかわりとともに、住宅に関する価値観や考え方も変化しつつあります。

生活スタイルやライフプランの変化に伴い、不動産の売却方法も新しくなっています。

リースバックがあなたやご家族にとって最適な方法であるかを見極めた上で、検討しましょう。

何か不安な点や、リースバックについて知りたい点等があれば大成有楽不動産販売にご相談してみてはいかがでしょうか。

きっと納得のいく選択ができるはずです。

知らないだけで300万円以上損します!リースバックの際は必ず相見積もりを

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

引用:家まもルーノ – リースバック専門コンシェルジュ

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 利用者は平均120%売却価格アップ! /
家まもルーノの一括査定