ウスイのリースバックの評判・口コミは悪い?良い?仕組みやメリット・デメリットを解説

6 min 12 views

事業を起こしたい、急に入院しなければいけなくなったなど、どうしてもまとまった資金が必要になることありますよね。

そんな時にぜひ利用してもらいたいサービスがウスイのリースバックです。

ここでは、自宅にいながら資金を手に入れることができるリースバックの詳しい解説をしていきます。

リースバックとは何か、どんなメリットやデメリットがあるのかに着目していくので、資金調達にお悩みの方はぜひ参考にしてみて下さい。

知らないだけで300万円以上損します!リースバックの際は必ず相見積もりを

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ(全国対応)」と「リースバックマッチ(首都圏特化)」がおすすめです。

引用:家まもルーノ – リースバック専門コンシェルジュ

リースバックを成功させる方法は、より多くの業者から相見積もりを取り、最も条件の良い数字を出してくれた会社と契約することです。

「家まもルーノ」と「リースバックマッチ」を併用することで、より好条件を提示してくれる会社と出会える可能性が高まります。

また「家まもルーノ」・「リースバックマッチ」共に、一括見積もりをした会社とのやりとりを代行してくれるので、やりとりの手間が大きく減ることもメリットです。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

ウスイのリースバックの5つの特徴・メリット

では、ウスイのリースバックにはどんなメリットがあるのでしょうか。

具体的に5つ挙げていきましょう。

借金やローンを組むことなく現金化できる

資金が入り用になったからといって、借金をすることは抵抗がありますよね。

また、借りたことによって利息がつくので、想定以上の金額を支払わなければいけなくなることもあるかもしれません。

しかしウスイのリースバックは、自分の持っている不動産を資金として変換するため、取立てに追われることなく、今後のライフビジョンを立てやすくなります。

早く資金化できる

通常不動産を売却した場合、その買い手を探さなければ資金は振り込まれません。

不動産が建っている場所によっては買い手がなかなか見つからず、いつまでたっても入金されないということもあるでしょう。

その点、リースバックは売却後も契約者本人が賃貸契約を結ぶのですぐに資金化することが可能です。

ウスイでは契約後、最短7日で入金化できる「ファースト・セブンプラン」を行なっています。

詳細は「ウスイのリースバックが向いている人の特徴って?」に記載しているので、ぜひ確認してみて下さい。

働くことができない事情があっても資金の捻出が可能

定年を過ぎ、年金で生活を始めた方は資金の調達が難しいですよね。

老人ホームへの入居を希望していても、その為の資金がなければ入ることはできません。

リースバックを利用すると、自宅にいながらまとまった額の資金を手に入れることができるので、理想のライフスタイルへ躍進することが可能です。

自宅に住み続けられる

事業開発のために自宅を売買しなくても、今と変わらない環境で必要な資金を手に入れることが可能です。

もし学校に通う子どもがいた場合でも、学区を変えることなく今まで通り生活できます。

また、引越し費用もかからないので、大所帯のご家族にもおすすめです。

固定資産税が不要

リースバックを使用すると、自宅がウスイの所有となるので固定資産税は不要になります。

広い自宅に住んでいるが、自分の収入と税金が見合ってなく、しかし住み慣れた我が家を引っ越したくない…という方にぴったりのサービスです。

周りに知られることなく資金調達ができる

ご近所付き合いというものは難しいもので、特に金銭関連の話題はすぐに知れ渡ってしまうように感じます。

しかし、ウスイのリースバックでは、根も葉もない噂をたてられることなく、まとまった資金を確保できます。

金額によっては住宅ローンなども完済することが可能です。

ウスイのリースバックを利用する際の3つのデメリット・注意点

メリットとは逆に利用する際にどんな注意点があるのでしょうか。

こちらでは3点挙げていきます。

売却価格が周辺の相場と比べて安くなりがち

自宅にいながら資金調達ができるリースバックですが、売却価格は安くなりがちです。

しかし、引越し費用や次に住む場所の費用などを考えるとリースバックを使用すると得をするケースもあります。

ご自身の場合はどうかしっかり検討しましょう。

毎月の家賃が周辺の相場と比べて高くなることがある

いざ契約をしてみたら、家賃が高かった…では何のためにリースバックをしたのかわかりませんよね。

損をしないためにも、どのような契約になるのか事前に相談してみるといいかもしれません。

住宅ローンが多く残ってる人には向かない

リースバックでは1度にまとまったお金が手に入るので、この機会に住宅ローンを完済しようと考えている方もいるかもしれません。

しかし、住宅ローンが多く残っていると、リースバックで獲得した資金では足りないこともあるようです。

こちらも確認してから契約に進みましょう。

ウスイのリースバックが向いている人の特徴は?

今すぐにまとまった資金が欲しい、今住んでいる家から引っ越したくないという方におすすめです。

また、ウスイには利用者に合わせた5つのプランがあります。

こちらに当てはまる方も、ぜひ検討してみて下さい。

スタンダードプラン

こちらは最もオーソドックスなプランです。

自宅を売却した後もそのまま住み続けられ、受け取った資金は養育費、事業資金、借金返済などに充てることができます。

再び売却することも可能です。

シニア世代お住換え応援プラン

老人ホームなどに入居を検討しているが、まとまった貯金がないという方におすすめのプランです。

入居の順番を自宅で待つことができます。

期間限定(6ヶ月〜2年)プラン

自宅を売却した後、6ヶ月〜2年と期間を限定して住むプランです。

会社から転勤の通達がきたなど、将来引っ越すことを検討している方、または2年以内に再び購入を検討している方におすすめのプランです。

事業用不動産活用プラン

事業資金の調達に悩んでいる経営者や個人事業主の方に必見のプランです。

所有しているオフィスやテナントをリースバックによって資金に変え、事業用賃貸物件として今まで通り使用することが可能です。

ローンを組むことに抵抗がある方や、すでに店舗として経営していて引越しが難しい方におすすめです。

こちらも希望すれば再売却できます。

ファースト・セブンプラン

少しでも早く資金を調達したい場合、こちらのプランを検討されてはいかがでしょうか。

リースバック契約を結んだ後、最短7日間での入金対応が可能です。

ただ、こちらには2点ほど注意点があります。

まず、手数料として150,000円(税込)がかかります。

また、条件によっては利用できないケースもあるので、気になる方はウスイまで確認してみて下さい。

[番外編]リースバック一括査定サービス「家まもルーノ」ってどんなサービス?

「家まもルーノ」は多数の不動産業者から適切な買い手を紹介してくれるサービスです。

登録されている業者は100社以上で、査定をお願いするとどこの業者が最も高い値段で契約してくれるか知ることができます。

個人で不動産業者を探すとなると、信頼業者を選ぶために時間を割かなくてはなりません。

また、いざ選んだ業者より、高い見積もりを出してくれる業者がある可能性もあります。

日々の生活や仕事をこなしながら適切な業者を選ぶのは難しいですよね。

リースバック一括査定サービス「家まもルーノ」なら、1人のコンシェルジュに要望を連絡するだけで、条件に見合った複数の業者を提示してくれます。

それらの査定額を見比べ最適な業者を選ぶだけなのでストレスなくリースバックを利用することができますね。

一括査定は無料です。

少しでも気になった方はぜひ連絡してみてください。

まとめ

急に資金が必要になった際に役に立つウスイのリースバックを紹介しました。

愛着が湧いているマイホームはできれば引っ越したくないですよね。

今の生活を変えずに自宅を資金化できるリースバックは、資金調達に困っている方の解決策になり得ます。

ウスイのリースバックには5つのプランがあるので、例えばすぐに多額の資金を用意しなければいけない方にもぴったりです。

借金ではなくリースバックという道を検討してみてはいかがでしょうか。

 

知らないだけで300万円以上損します!リースバックの際は必ず相見積もりを

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ(全国対応)」と「リースバックマッチ(首都圏特化)」がおすすめです。

引用:家まもルーノ – リースバック専門コンシェルジュ

リースバックを成功させる方法は、より多くの業者から相見積もりを取り、最も条件の良い数字を出してくれた会社と契約することです。

「家まもルーノ」と「リースバックマッチ」を併用することで、より好条件を提示してくれる会社と出会える可能性が高まります。

また「家まもルーノ」・「リースバックマッチ」共に、一括見積もりをした会社とのやりとりを代行してくれるので、やりとりの手間が大きく減ることもメリットです。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です